脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
海馬と扁桃体    脳の司令塔   セルフ音楽療法   笑いは脳を活性化

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
心と脳の関係実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME)心と脳の関係 > マイナスの感情が脳の働きを抑え、進歩を止める

マイナスの感情が脳の働きを抑え進歩を止める

 
 怒りや悲しみなど、マイナスの感情を抱いているときは、理性的にものが考えられない。これは誰でも経験することですが、その感情をあとに引きずると、脳の働きが悪くなり、時には考え方や判断に大きな狂いが生ずることもあります。

 前ページ(脳は情報を心の色メガネで見る)で説明しているように、目や耳などから大脳皮質に入った情報は、感情をつくる神経回路(A10)を通って前頭前野に達し、そこで理解や記憶、判断が行われます。つまり、感情が認識と判断に常に影響を与えているわけです。

感情を抑える前頭前野の役割

 視覚、聴覚、嗅覚などの情報が、情動や感情を司る大脳辺縁系という脳のフィルターを通った後に認識される以上は、多かれ少なかれ感情の影響を受けざるを得ないのですが、それをカバーしているのが前頭葉の前の部分、前頭前野です。

 大脳の司令塔ともいわれる前頭葉がよく働く場合は、感情的になった脳を抑え、冷静な判断ができる状態に戻します。しかし、怒りなどの感情があまりに強く、前頭葉の抑制作用が利かなくなると、理性が感情に負けて判断を誤り、自分にとってマイナスの結果を招く行動をとることになります。

 人には多様な気質・性格がありますから、どんな時にマイナスの感情が強く現れるのかも人それぞれです。マイナスの感情をため込んでおくと、やがてその感情にとらわれて毎日を過ごすことになりかねません。その前に早く気付き、理性的に客観的な状況や自分の気持ちを整理したり、気分転換を図ったりして、脳が快適に働けるような状態に戻すことが大切です。では、それができなかった場合、脳はどうなるのでしょうか?

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い/好きこそものの上手なれ

 仕事でも勉強でも同じことですが、興味のない業務(あるいは科目・単元)には気が乗らず、なかなか頭が働かないものです。まして、上司(あるいは先生)が嫌いな場合は、その仕事(勉強)まで嫌いになってしまうということが起こりがちです。

 筆者の中学時代の一年の理科と社会がそうでした。理科の先生(男性)は生徒にバカにされていましたし、社会の先生(女性)は性格が嫌いでした。その結果、理科・社会が嫌いになり、定期テストの点数は両科目とも70点を取るのが精一杯でした。

 ところが、二年生になって理科と社会が「普通の先生」に代わると、その科目が好きになったというほどではありませんが、テストの成績は80点台に突入しました。さらに三年生の理科・社会の先生は、二人とも好感が持てて、しかも授業中の話が面白いので、家で全く勉強をしないのにもかかわらず、常に90点以上を取れるようになったのです。

 ことわざに「坊主憎けりゃ袈裟(けさ)まで憎い」とありますが、まさにこのことです。筆者の場合は憎むほどではありませんでしたが、マイナス評価をしている人間の言うことなど、頭に入るはずはありません。

 真の指導者とは、「やらなければならないことを、好きにさせる力」を持った人ではないでしょうか。「好きこそものの上手なれ」は例外のないことわざです。「これをやっておけ!」ではなく、自発的にそうなるように導く人間性が、指導者には求められるのですね。

 でも、そうした運に恵まれるとは限りません。その場合は、少しでも上司(または先生)の良いところを見つけて嫌いな感情を克服すると共に、直面した仕事(学習)の中に自ら面白さを発見していく努力と工夫が必要です。「脳を楽しくするトレーニング」と考えれば、自分なりの感情コントロールの仕方がわかってくるでしょう。

マイナスの感情は習慣になりやすい

 私たちは、あることにマイナスの感情を抱き、それが何度か続くと、強いレッテルを貼ってしまいます。「マイナスの習慣」を持ったまま生きることになるわけですね。すると、それに関係することには、あまり頭が働かなくなります。無意識に問題から目をそらし、先送りするようになります。

 問題の先送りは、時には性急に行動するよりも良い結果を生むこともありますが、それは結果論であって、脳の性能を鈍らせることに貢献することは確かです。やはり「プラス思考で問題に立ち向かう心」を築くことが大切です。つまり、意欲やアイデア、計画を司る前頭前野をフル回転させることです。

 なお、マイナスの感情にレッテルを貼ってしまう習慣は、脳の「自己保存」と「統一・一貫性」という癖によるものだそうです。  (林成之著「脳に悪い7つの習慣」による)

愚痴(グチ)を言うのはストレスの発散になる?

 あなたは無意識にこんな愚痴をつぶやいたことはありませんか?

 「難しそう」 「面倒くさいな」 「無理だよ」 「疲れた」……

 愚痴を言うのは一見、心のモヤモヤを発散し、脳の疲れを取る効果がありそうに思えますが、実は逆効果です。それはすでに述べてきたように、脳にマイナスのレッテルを貼ることになるからです。

 しかも、自分の言葉で発声し、それを耳で聞くことによって復習しているわけですから、まさにマイナスの自己暗示をかけているようなものです。これから行う仕事(学習)の効率を落とし、ミスを誘発することにもなりかねません。気持ちをプラスに切り替えるのは難しいものですが、言葉だけでもプラスの発声をしてみると、意外にマイナス感情にとらわれなくなるものです。例えば、上の愚痴の例で言えば…

 「意外に簡単だよ」 「効率よく終わらせよう」 「面白そう」 「あとが楽しみ…」

というような前向きの言葉を発するだけでも、ストレスを抑え込み、能率が上がりそうです。複数の人がいる場合は、そうしたプラスの言葉は自分にも帰ってきて、相乗効果を生むでしょう。
 
  ページトップ   脳を鍛える(HOME)