脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
海馬と扁桃体    脳の司令塔    認知症予防対策   笑いは脳を活性化

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
心と脳の関係実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME) > 心と脳の関係|脳の働きを良くする感情

心と脳の関係|脳の働きを良くする感情

 あなたは脳と心の関係について考えたことがありますか?
 ここでは、心と脳の関係について、「脳の本能」「A10神経群」「脳の報酬系」…などの脳科学用語をキーワードとして、脳の働きを良くする気持ちの持ち方について説明していきます。
  (各ページの内容は下段) 

「心」と「感情」と「気分」―この違いをあなたは説明できますか? 

 

 心を表わす単語に、精神とか情動、感情、気分などがあります。意味が違うのは誰でも何となくわかりますし、使い方を間違えることもめったにないでしょう。でも、改めて考えてみると、その違いを説明するのは難しそうです。

感情と気分

 日常会話でよく使われるのは「気分」です。「気分は最高」などと使われますが、「感情は最高」とは言いません。でも、「気分を害する」は「感情を害する」と言い換えても、おかしくはありません。ニュアンスは少し違いますが…。

 「感情」は本人の意識ではなく、他人の目に映った状態を表現する言葉です。感情には喜びや悲しみ、好き、嫌い、怒り、恐れ、驚き、嫌悪…などがありますが、これらはすべて外部からの刺激に対する反応として現れます。感情は抑圧されることがあり、自分自身の感情を自覚しないこともあります。また、抑えられた感情は何かがきっかけで突如、噴き出すことがあります。

 一方、「気分」は、快・不快などの気持ちの状態を、その人自身が表現する場合の言葉です。気分の良し悪しは外部からの要因による場合の他、はっきり理由のわからない内面的な要因もあります。なお、うつ病は気分の調節に障害が起こる心の病です。

心と感情

 外部から五感を通して入った刺激が、大脳の「A10」と呼ばれる神経細胞群を通ることによって、「感情」が生まれます。しかし、その感情は生のままではなく、前頭前野で抑制されます。そのおかげで、私たちは感情に振り回されず、ある程度冷静な態度が示せるわけです(たまに暴発する人もいますが…)。

 一方、「」は感情に似ていますが、理性的な面もあります。感じること(感情)と考えること(思考)が交わり、状況の影響を受けて多少は揺れ動きながらも、その人らしい個性を表わした反応をする脳の働き。それが心の正体ではないでしょうか。

 心の正体は大脳生理学だけでは究明できず、哲学や文学・芸術の領域からの助けが必要なのかもしれません。

 〔心と脳の関係|脳の働きを良くする感情〕 各ページの内容

心は胸の中にある? それとも脳?
 ハートのマークは心臓です。心は胸で感じやすいため、「胸の中」派も少なくありませんが、でも心は大脳で生まれているのです。その根拠は…

心の奥底に潜む3つの欲求(脳の本能)
 「馬の脳」とも言われる大脳辺縁系で情動が司られています。ここに脳の本能ともいうべき3つの欲求が含まれているといいます。その欲求とは…

脳は情報を心の色メガネで見る―A10神経群など
 五感を通して脳に入った情報は、最初にA10神経群で感情的なレッテルを貼られるといいます。A10神経群には、海馬回、扁桃核、側坐核、視床下部などがあり…

マイナスの感情が脳の働きを抑え、進歩を止める
 怒りや悲しみなど、マイナスの感情を抱いていると、脳の働きが抑えられ、勉強や仕事などの効率を下げるばかりでなく、脳の進歩が止まります。

自分へのご褒美―脳の報酬系とは
 大脳の自己報酬系には「自分へのご褒美」をする機能があり、報酬がモチベーションとなります。報酬は物質的なものに限らず、達成感や名誉、感動、夢…など様々です。

 
  ページトップ   脳を鍛える(HOME)