脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
心と脳の関係実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
HOME心と脳の関係 > 脳の自己報酬系(神経群)―自分へのご褒美のプラスとマイナス

脳の自己報酬系(神経群)―自分へのご褒美のプラスとマイナス

 
「自分を褒めてあげたい」
「自分へのご褒美(ほうび)に、ちょっと贅沢(ぜいたく)なものを食べたい」

 こんな会話をよく聞く時代になりましたが、実は大脳にも「ご褒美を求める」という特性があるのです。これは「脳の報酬系」と呼ばれる神経系で、欲求が満たされたときや、満たされることが分かったときに脳が活性化し、その人に快感をもたらすものです。こうした脳の機能は、ヒトだけでなく動物の脳にもあります。

 つまり、「脳を活性化するには、脳の報酬系を喜ばせればよい」ということになるわけです。そこでまずは、報酬系と呼ばれる脳の機能について見ていきましょう。

前頭前野から自己報酬系神経群へ

 犬やイルカなどは、エサ(報酬)をもらうことによって芸を覚えます。人間も同じだというと、怒る人もいるかもしれませんが、私たちが働くのは給料などの報酬があるからです。タダ働きをして喜ぶ人はいません。

 では、無報酬でボランティア活動をしている人はどうなのか? その場合も実は形のない報酬を受け取っているのです。それは助けを必要としている人の笑顔と、感謝の言葉、そして様々な人とのつながりです。つまり、物質的な報酬ではなく、心の報酬(=脳への報酬)を得ているのです。

 また、犬でさえも実利(エサ)だけがご褒美ではありません。麻薬犬の訓練の様子をテレビで見たことがあるのですが、トレーニングのあとの報酬は一緒に遊んであげること(心の満足)だったのです。

 脳が喜ぶのは、「自己報酬系」と呼ばれる神経群があるからです。目や耳などから入ってきた情報は、①大脳皮質⇒②A10神経群⇒③前頭前野の順(「A10神経群」を参照)に脳を巡った後、④自己報酬系神経群に進みますが、そこが自分自身にご褒美を出して喜ばせる機能を持った場所です。

 自己報酬系による脳自身へのご褒美は、「脳のモチベーション」となるもので、脳の本能ともいうべき3つの欲求、「生きたい・知りたい・仲間になりたい」を満たそうというものです。
  ※参照 心の奥底に潜む3つの欲求(脳の本能)

肉体的報酬、物質的報酬~社会的報酬、依存性の報酬

 
 脳の報酬系について、心の報酬を中心に述べてきましたが、狭い意味での本能や精神的快楽、物質的実益にも、人の脳の報酬系を活性化する力があります。ただし、長期的に見て有益なものばかりとは限りません。「誤った脳の報酬系」が身を亡ぼすこともあります。次にいくつかに分類してみました(注=学術的な分類ではありません)

肉体的報酬
 説明するまでもありませんが、食べることやセックスなど、動物的な本能に関係する報酬です。

物理的報酬
 お金や欲しいモノを得るなどの物質的報酬で、それが約束された場合も含みます。

社会的報酬
 人に褒められたり、表彰されたり、自分の業績が公表されたり、称号をもらったりして、名誉心が満たされる心の報酬。

達成報酬
 仕事や勉強、スポーツや音楽、絵画、ものづくりなどがうまくいったり、進歩を実感したりした時に感じる達成感。

知的・感覚的報酬
 読書や講演などで得た知的発見、手芸・工芸・美術などの制作、楽器や曲のマスターなど、教養や芸術的分野で知的・感覚的刺激や感動を受けたときに感じるもの。

夢や空想による報酬
 仕事や家庭などについて未来へのバラ色の夢を描く時、好きな人のことを想うとき、自分のやりたいことを達成するプロセスを思い描く時など、空想の世界で得られる報酬。
 ※夢を抱くことは大事ですが、非現実的な妄想になると、精神的に危うい面もあります。

依存性のある報酬
 人体に摂取する一時的な快感や、バーチャル的な性質を持ったゲームなどの高揚感による報酬です。前者はたばこやアルコール類、薬物などの化学物質、後者は競馬、競輪などのギャンブル、パチンコ、ゲーム(電子)、スマホなどです。
  なお、これらは人によっては依存症になることがあり、肉体的、精神的、経済的に著しいダメージを受ける危険性があります。依存症は脳の病気」ですが、本人がなかなか認めようとしないのが特徴です。早い段階で専門家のカウンセリングを受ける(受けさせる)ことが肝要です。
 
  ページトップ   HOME