脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
 

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
心と脳の関係実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
HOME心と脳の関係 > 脳は情報を心の色メガネで見る―A10神経群など

脳は情報を心の色メガネで見る
 ―A10神経群など

 
 言葉を獲得し、知的思考力を身につけた私たち人間は、見たり聞いたりした情報をおおむね客観的に理解し、記憶しているつもりでいます。知的水準の高い人ほど、その傾向は強いかもしれませんね。

 でも、実は私たちの脳は、情報を取り入れた段階ですでに色メガネで見ているのだそうです。それは次のような脳の仕組みによるものです。

感情が認識に影響を与える
脳の仕組み

 近年、脳に関してA10(エーテン)神経群という用語をよく目にします。A10神経群とは、目や耳などから入った情報が大脳皮質神経細胞に入り、情報を理解・判断する前頭前野に達するまでの間に通る、いくつかの神経回路の総称です。その主なものに「海馬回」「扁桃核」「側坐核」「尾状核」「視床下部」「嗅結節」があります。

 A10神経群の役割をひと言でいえば、感情をつくる中枢神経です。五感を通して入ってきた情報は、A10というフィルターを通ることによって、その人の気持ちや情緒の影響を受けます。これは情報を理解・判断する前の段階で、感情的なレッテルが貼られることを意味しています。

 それぞれの神経回路の役割は次のとおりです。

海馬

 短期記憶を司る器官で、タツノオトシゴ(海馬)の形をしていることから、この名前があります。脳に入力された情報の取捨選択をし、長期記憶として大脳皮質に保存する役割を持っています。

扁桃核(扁桃体)

 扁桃核は扁桃体ともいい、原始的な情動を想起させる器官です。恐怖や不安、不快などのマイナスの感情を司っているほか、情動を記憶する機能も持ち、海馬とも関係して長期記憶にも深くかかわっています。

側坐核

 側坐核はその名のとおり大脳半球の両側に一つずつあり、快不快や興味、報酬、嗜好などに重要な役割を果たしている器官です。平たく言えば「好き嫌いを決める場所」ということです。

尾状核

 言語や表情、感動に関与する神経回路と考えられています。将棋のプロ棋士と一般的アマとの脳の比較で、次の一手の直観的なヨミには、プロの尾状核が活動したという研究があります。

視床下部

 生命維持にかかわる重要な役割として、体温調節、血圧、心拍数、睡眠、性行動などのコントロールがあります。また、心に関しては怒りや不安などを調節し、意欲や自律神経系を司る役割があります。

嗅結節

 その名のとおりニオイを判断するところで、食べ物を「食べたい匂い」への反応と、「避けたい臭い」への反応を、別々の神経回路で行っています。

感情のあとに、理解・記憶・思考がやってくる
これをうまく利用すれば、脳が活性化する

 以上にまとめたように、A10神経回路では恐怖や不安、怒りなどの原始的な情動や、快不快、興味、感動、報酬、嗜好などの感情、自律神経によるマイナス感情のコントロールなどを司っています。

 
 これは私たちが、情報を理解し、記憶し、それについての価値判断をする前に、感情のフィルターがかかるということです。そのことをよく理解し、自分の感情や思考をコントロールできれば、それは脳にとって大きな財産になるでしょう。

 例えば、勉強や仕事などを嫌々やっている人は、能力の割にはあまり効果が上がりません。でも、やらなければならないことに興味を持ち、楽しさを見つけて取り組めば、効果は倍増するかもしれません。それが脳の特性(本能)を生かした上手な生き方です。

 このことは勉強や仕事だけでなく、趣味・特技やスポーツ、対人関係などにも応用できます。
 
  ページトップ   HOME