脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
                     アナログ脳・ファジー脳   認知症   図形パズル  読書の目的と効果

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME)漢字脳を鍛える > 誤読漢字2―特殊な読み方を勝手読み

誤読漢字2―特殊な読み方を勝手読み

合計80問にレッツ・トライ!

 漢字の音読みに漢音、呉音、唐音があることは、前ページ(誤読漢字1)の最後で触れましたが、呉音がやや難しい読み方で、唐音となると知らなければお手上げの状態になります。そのうえ、音読みと訓読みが混じり合ったり、当て字や判じ物めいた熟語もあったりして、なかなか厄介です。

 難解な漢字は初めて見た段階でしっかり読み方を調べておけばよいのですが、とりあえず自己流に勝手読みをして流してしまうと、それが「嘘の知識」となってしまいます。誰でもいくつかはそうした勝手読みがあると思いますが、その読み間違いが自分でもわからないのが困るのです。

 ここでは多くの人を悩ます、特殊な読み方の熟語を集めてみました。古い表現や漢文由来の熟語、歴史や文学史に登場する単語が多く、日常生活ではめったに使われないでしょう。でも、読書家には「この程度の漢字は、読めないと恥をかく」というレベルかもしれません。漢字能力は教養のバロメーターともいわれます。遊び半分で、ちょっとだけ難しい「特殊な読み方の熟語」にチャレンジしてみてください。

 【問題1】 古めかしい表現が多い、次の漢字を読んでください。

①解毒作用  ②下手人探し  ③面目躍如  ④お寺の境内
⑤外様大名  ⑥良心の呵責  ⑦お寺を建立  ⑧手練手管
⑧兵糧攻め  ⑩伊達男  ⑪筆不精  ⑫法被姿  ⑬功徳を施す
⑭呂律が回らない  ⑮好悪の感情  ⑯妄執にとらわれる
⑰万物流転  ⑱未曽有の災害  ⑲修験道  ⑳久遠寺
 

  ※問題1の解答へ

 【問題2】 上の問題と同様に歴史を感じさせる漢字群ですが、いくつ読めますか。

①伝馬船  ②お寺の庫裡  ③灰燼に帰す  ④怨嗟の声
⑤言質を取る  ⑥興奮の坩堝  ⑦財政の逼迫  ⑧逆鱗に触れる
⑨末期の水  ⑩好事家  ⑪小田原評定  ⑫事情を斟酌
⑬脆弱な意志  ⑭憐憫の情  ⑮勝敗の帰趨  ⑯旋頭歌
⑰御息所  ⑱荼毘にふす  ⑲判官贔屓  ⑳般若の面

   問題2の解答へ

【問題1の解答】
①げどくさよう ②げしゅにんさがし ③めんもくやくじょ ④おてらのけいだい ⑤とざまだいみょう
⑥りょうしんのかしゃく ⑦おてらをこんりゅう ⑧てれんてくだ ⑧ひょうろうぜめ  ⑩だておとこ
⑪ふでぶしょう ⑫はっぴすがた ⑬くどくをほどこす ⑭ろれつがまわらない ⑮こうおのかんじょう
⑯もうしゅうにとらわれる ⑰ばんぶつるてん ⑱みぞうのさいがい ⑲しゅげんどう  ⑳くおんじ

   問題2へ

 【問題3】 文学史から作品名や作者の名を集めました。

①百代の過客  ②祇園精舎  ③手弱女  ④十訓集  ⑤戯作三昧
⑥金色夜叉  ⑦安愚楽鍋  ⑧山家集 ⑨発心集  ⑩風土記
⑪夫婦善哉  ⑫細雪  ⑬紫苑物語  ⑭潮騒  ⑮暢気眼鏡
⑯稲垣足穂  ⑰内田百閒  ⑱十返舎一九  ⑲宮柊二  ⑳木下杢太郎

   問題3の解答へ

【問題2の解答】
「でんません、こり、はいじん、おんさ、げんしち…」はすべてよくある読み間違いの例です。正解は、
①てんません ②おてらのくり ③かいじんにきす  ④えんさのこえ ⑤げんちをとる ⑥こうふんのるつぼ ⑦ざいせいのひっぱく ⑧げきりんにふれる ⑨まつごのみず  ⑩こうずか ⑪おだわらひょうじょう ⑫じじょうをしんしゃく ⑬ぜいじゃくないし  ⑭れんびんのじょう ⑮しょうはいのきすう ⑯せどうか ⑰みやすどころ ⑱だびにふす ⑲ほうがんびいき ⑳はんにゃのめん

   問題3へ

 【問題4】 今度は四字熟語です。日常で使われる言葉もありますが、いくつ読めますか。

①一期一会  ②生者必滅  ③艱難辛苦  ④旗幟鮮明
⑤阿鼻叫喚  ⑥七転八倒  ⑦温厚篤実  ⑧会者定離
⑨一蓮托生  ⑩紆余曲折  ⑪厭離穢土  ⑫一朝一夕
⑬画竜点睛  ⑭泰然自若  ⑮傍若無人  ⑯虚心坦懐
⑰合従連衡  ⑱喧々囂々  ⑲侃侃諤諤  ⑳欣求浄土

   問題4の解答へ

【問題3の解答】
① はくたいのかかく ②ぎおんしょうじゃ ③たおやめ ④じっきんしょう ⑤げさくざんまい
⑥こんじきやしゃ ⑦あぐらなべ ⑧さんかしゅう ⑨ほっしんしゅう ⑩ふどき
⑪めおとぜんざい ⑫ささめゆき ⑬しおんものがたり ⑭しおさい ⑮のんきめがね
⑯いながきたるほ ⑰うちだひゃっけん ⑱じっぺんしゃいっく ⑲みやしゅうじ ⑳きのしたもくたろう

   問題4へ


漢字クロスワードの花形は四字熟語

 漢字クロスワードを解く鍵は、四字熟語にあります。三字熟語は日常語が多くて漠然としていますし、二字熟語はさらに選択肢が多くて手に負えません。その点、四字熟語はたった一文字分かっただけで、他の三文字がたちどころにわかってしまうことが多いのです。

 例えば、3番目に「」があれば「百花繚乱」、4番目に「」があれば「内憂外患」という要領です。ただし、似たような四字熟語もあります。「四」と「改」、「艱難辛苦」と「千」などです。四字熟語には不思議な魅力があり、これだけで一冊の本になるくらいです。


【問題4の解答】
①いちごいちえ ②しょうじゃひつめつ ③かんなんしんく ④きしせんめい ⑤あびきょうかん ⑥しちてんばっとう ⑦おんこうとくじつ ⑧えしゃじょうり ⑨いちれんたくしょう ⑩うよきょくせつ ⑪えんりえど ⑫いっちょういっせき ⑬がりょうてんせい ⑭たいぜんじじゃく ⑮ぼうじゃくぶじん ⑯きょしんたんかい ⑰がっしょうれんこう ⑱けんけんごうごう ⑲かんかんがくがく ⑳ごんぐじょうど


  ページトップ  脳を鍛える(HOME)