脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
                   記憶術とは  文章を書く  雑学クイズ  英語脳

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME)漢字脳を鍛える > 漢字学習法2―これで漢字が面白くなる!

漢字学習法2―これで漢字が面白くなる!

(このページの内容)
違いが分かる「へそ」を発見する   ・人の読めない漢字を知っているのは楽しい
好きなジャンルの漢字から入る   ・間違えやすい漢字(誤読・誤用)を知る
漢字クロスワードパズルで遊ぶ   ・「得意科目」になればますます面白くなる


 前ページ(漢字学習法―集中と継続、好きになること)では、漢字が好きになるコツとして、「象形文字や形声文字など、漢字の成り立ちを知る」ということを説明しましたが、ちょっと物知り博士っぽくなりました。

 第2弾は、「漢字のヘソ」「人の読めない漢字」「好きなジャンル」「間違えやすい漢字」「漢字クロスワードパズル」などのキーワードで、漢字の面白さを伝えます。

違いが分かるへそを発見する

 へそは体の真ん中にあって、小さいながら目印をつけたように存在を主張しています。漢字にもこうした「へそ」に当たるものを持ったものがありますから、それを発見すると覚えやすいだけでなく、漢字が面白くなってきます。

 例えば、「モナリザの微笑」の「」と、「特徴のある顔」の「」は似ていますが、異なる部分が一か所あります。それがこの文字のヘソです。「微」のへそが微笑しているように見えたらしめたものです。漢字が好きになる資質があります。

 もう一例。今注目されている「免疫力」の「」のヘソはどこでしょうか。病気関係を表わす「やまいだれ」の中にある「」、これがへそですね。「殳」は、歴史によく出てくる「○○の役」の「」と同じ、「えき」という発音です。このように、漢字の中のヘソ探しをすると覚えやすく、また、漢字がだんだん楽しくなってきます。

人の読めない漢字を知っているのは楽しい

 かつて、ツッパリ暴走族が華やかりし頃、(鹿の下に金)という文字が塀などによく書きなぐられていました。かなり難読漢字に詳しい人でも、よほどのマニアでない限り読めません。学校からドロップアウトしたツッパリグループの「復讐」と考えてよいのかわかりませんが、「どうだ、読めねエだろう」とほくそ笑んでいる姿が目に浮かびます。ちなみにこの漢字は、なぜか「みなごろし」と読みます。

 人の心の奥底はわかりませんが、周囲の人が誰も読めない漢字をいくつか知っているのは、やはり楽しいことではないでしょうか。そんなつもりで漢字学習をするのではない! なんてくそまじめに反発しないでくださいね。どういう目的で漢字を勉強しようとその人の自由です。私は、漢字が好きになるきっかけの一つとして、こういうこともあるだろうと、柔軟に考えているのです。

好きなジャンルの漢字から入る

 「ずいぶん難しい漢字を知っていますね」と言われて、「いや、たまたまですよ」なんて応じながら、喜びを隠しきれない。こんな光景を味わうには、自分の好きなジャンルの漢字から入るとよいでしょう。専門分野で使われる用語はそれ自体がカッコいいものです。といっても、パソコンやファッション、洋食業界はカタカナ語ばかり。難しい漢字は歴史や古典文化に多く出てきます。例えば…

子供の伝統的遊び……独楽(こま)、骨牌(かるた)、凧(たこ)
茶道……茶筅(ちゃせん)、茶杓(ちゃしゃく)、点前(てまえ)
歌舞伎……女形(おやま)、贔屓(ひいき)、桟敷(さじき)
焼き物……益子焼(ましこやき)、信楽焼(しがらきやき)、常滑焼(とこなめやき)
お祭り……祇園祭(ぎおんまつり)、流鏑馬(やぶさめ)、山車(だし)
旅行(地名)……寒河江(さがえ)、先斗町(ぽんとちょう)、石和(いさわ)

 比較的やさしいものを書き出してみました。次に、動植物の名前も難読漢字の宝庫です。

動物(哺乳類)……貉(ばく)、羚羊(かもしか)、海豹(あざらし)、栗鼠(りす)
魚貝類……鰤(ぶり)、秋刀魚(さんま)、海月(くらげ)、栄螺(さざえ)
……虱(しらみ)、虻(あぶ)、蜥蜴(とかげ)、蟋蟀(こうろぎ)
樹木……柊(ひいらぎ)、楡(にれ)、公孫樹(いちょう)、合歓木(ねむのき)
草花……馬酔木(あしび)、鬼灯(ほおずき)、女郎花(おみなえし)、躑躅(つつじ)

 豊かな表情を持った漢字にワクワクしませんか? だいぶ当て字も入っていますが、昔の人のイメージ豊かな創造力には脱帽です。

間違えやすい漢字(誤読・誤用)を知る

 趣味の世界から、実用の世界に戻りましょう。漢字テスト対策や教養という観点からは、間違えやすい漢字を集中的に学ぶのが効果的です。これがなぜ面白いかというと、不思議と同じような間違いを犯す漢字があるからです。

 漢字のうろ覚えや勝手読みが定着すると、自信を持って間違えるということになります。漢字で恥をかくか、それとも恥をかかないで済むか、一種のゲームとして取り組むと、真面目な漢字トレーニングも楽しくなります。

 よくありがちな書き間違い(誤用漢字)と、読み間違い(誤読漢字)の例を次に掲げておきます。

月極(×げっきょく ○つきぎめ)
礼賛(×れいさん ○らいさん)
更迭(×こうそう ○こうてつ)
釣果(×つりか ○ちょうか)
さっとう(×殺倒 ○殺到)
しゅうかく(×収獲 ○収穫)
ほしゅうじゅぎょう(×補修授業 ○補習授業)
かんぺき(×完壁 ○完璧)
  (関連ページ)  誤用漢字1―意味の混同   誤読漢字1―似た漢字と混同

漢字クロスワードパズルで遊ぶ

 同じ頭を使うことでも、勉強ではなくパズルとなるとやる気が起きるものです。そこで漢字クロスワードパズルを解くことをおすすめします。初心者はあまり難しい問題には手を出さないこと。それから、要求されるのは漢字能力だけではないので、そちらのほうの能力も磨いてください。決してムダになる能力ではありません。

 なお、漢字クロスワードを解くに当たって、漢和辞典や国語辞典をこまめに見るようにしてください。競技会ではないのですから、反則でも何でもありません。日本語に限らず語学は、辞書を引く回数に比例してその能力が高まるものです。

「得意科目」になればますます面白くなる

 自分のことがあまり好きじゃない…なんて思っている人でも、心の奥底では自分が一番大好きなものです。特に自分が他人より優れている部分があれば、そこが好きになるのです。だから、苦手だった漢字が少しわかってくると、漢字が好きになってきます。そして、得意科目になりかけている漢字能力をもっと高めようとします。「平均的な人よりも優れている」と思えるレベルになれば、覚えることが快感になり、さらに高みに上っていくことが楽しくなるでしょう。


  ページトップ  脳を鍛える(HOME)