脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
オセロ上達法   囲碁初段への道   ナンプレ・数独   ナンクロ

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME)ボードゲーム > 連珠必勝パターンの例

連珠必勝パターンの例





上図
 黒1~3は浦月という珠形で、昔から必勝法が発見されています。
 4手目で、黒が三を引くのを阻止するため、図の4または5の地点に打つのは自然な発想で、強い手です。
 白4では5の他にも強い防ぎ手がいくつかありますが、ここでは黒の発展方向に白4と打つ変化を解説します。
 黒5と伸びれば、白6が黒の発展を防ぐ独特の打ち方。ここで黒がどう打つかが最初のポイントです。下の図を見る前にわかりますか?

下図
 黒7と組むのが必勝定石です。白8は、ここから黒に連続して三を引かれるのを防いだ手ですが、それなら黒は9、11と三を引きます。途中、白は黒の三を止めながら12、14とトビ三を作りますが、黒は13、15と防ぐのが三になることを見越しています。

 この定石の第二のポイントは黒17です。これは逆ヒキといわれる妙手で、普通に黒Bに引くと白17と止められて、黒の勝ちは消滅します。白17と2の延長線上(左上方向)に乗り手(追い手を防ぎながら追い手にすること)が打てるようになるためです。黒17、白18を交換しておけばその筋が消えます。

 そして第三のポイント、黒19と21の二つの見せ手(次に四三になる手)がとどめです。白20と四三を止めても、黒21が黒Aの四三と、黒B、Cの四追いの両にらみとなり、黒勝ちになります。

 なお、白8では本定石を防いで9に打つのも有力ですが、それなら、黒8の三から、黒5の右上に三を引き、やはり勝ち形に導けます。

 必勝定石をいくつか覚えても、変化が多いので、実力が伴わないうちはあまり実戦で役立たないかもしれません。でも、黒7、17、19、21のような手筋を覚えるだけでも価値はあります。とりわけ、17の逆ヒキの妙手や21の両勝ちの手筋には、味わい深いものがあります。何度も並べて本格的な連珠の感覚を身につけてください。


  ページトップ   ボードゲーム(INDEX)  脳を鍛える(HOME)