脳を鍛える脳力トレーニング                       頭脳向上研究会
                           海馬と扁桃体    認知症   音楽の効用   囲碁のススメ

脳の仕組みと脳力右脳トレーニング左脳トレーニング日常生活編クイズ・パズル編全脳ボードゲーム
実用的脳力開発頭が良くなる読書法漢字脳を鍛える趣味で脳を活性化
脳を鍛える(HOME) > 脳の仕組み

脳の仕組みと脳力について

  各ページの簡単な内容紹介一覧は下段へ 

 脳を鍛えるためには、まず脳の仕組みを知っておくことが大切です。脳は機能別にどのように分かれているのか。右脳・左脳という大雑把な分け方だけではなく、脳科学の常識である前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉などの分け方も知り、さまざまな特性を理解しておくことは決してムダなことではありません。

 
 また、脳の神経細胞がダメージを受けるとどうなるのか。アルツハイマー病を始めとするさまざまな認知症について、その原因や予防法について知っておくのは無駄ではありません。

 なお、近年の脳科学ブームには目を見張るものがありますが、脳科学が扱うもののうち、脳の機能と知能の関係や人間の精神活動の仕組みについては、まだほんの初歩的な入り口の部分がわかったにすぎません。昔から当たり前の常識であることが、脳科学的にはまだほとんど説明ができていないといってよいでしょう。

 脳科学の成果を学ぶ際はそうしたことを踏まえて、脳科学に過度の期待を抱かない態度も必要かと思います。日常生活の中での創意工夫やさまざまな脳力トレーニングは、心理学や脳科学などの基礎学問と無関係に、現実の経験が先行していきます。天才は脳の研究と次元の異なるところで育つのです。

〔脳の仕組みと脳力について〕の内容


脳力=頭のよさとは何か?
 頭がよいということはどういうことなのか。学校と仕事での脳力の違い、頭のよさの一般的イメージ、そして心理学で有力な「知能の7因子」について紹介しています。

脳を機能別に分けると…(脳の仕組み1)
 脳は大脳、小脳、脳幹の3つからなり、大脳は総司令部の働きをしています。小脳は運動機能に関係し、鳥や猫などが発達しています。脳幹は爬虫類の脳とも呼ばれます。

右脳と左脳(脳の仕組み2)
 左脳は言語、計算、論理などをつかさどり、また右脳は映像や空間の認識、音楽、美術、直感などに関係しています。大切なのは両者を結ぶ脳梁(のうりょう)の働きです。

脳の司令塔―前頭葉の役割(脳の仕組み3)
 後頭葉、頭頂葉、側頭葉、前頭葉についての主な役割の説明。その中でも意欲、創造、計画にかかわる脳の司令塔、前頭葉について詳しく紹介しています。

記憶にかかわる海馬と扁桃体
 海馬は大脳に入った情報の取捨選択をして、記憶全体を司っています。扁桃体は快不快を判断するのが主な役割ですが、隣の海馬と影響し合って記憶に影響を与えています。

意欲と創造性を弱める、仕事ができない人の癖
 なぜ、勉強ができても仕事ができない人がいるのか? その答えは意外にも情動を司る偏桃体にありました。あなたは、仲間をつくる本能や生来の好奇心を忘れて、仕事に不可欠な意欲や創造性を弱めていませんか?

脳の病気、認知症の種類と原因
 物忘れから始まるボケ…。脳の病気、認知症にはアルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型などがあり、それぞれ原因や症状が異なります。

ボケを防ぐ暮らし方―認知症予防対策
 将来、認知症にならないための予防対策として、食事バランス、適度な運動、頭を使うこと、ストレス対策、コミュニケーションの5の柱に沿って解説します。

アナログ脳・ファジー脳とは?
 脳の特性ともいうべきアナログ的、ファジー的な面をデジタルと比較しながら、そのいい加減さ、間違えやすさが逆にコンピュータにはない優れた脳力を発揮し得ることを述べています。

ファジー脳と遊び脳を鍛えて仕事に生かす
 人間だけができる高次元の「遊び」の概念を説明しつつ、それが直感やひらめき、コミュニケーション能力、誤りの発見と改善など、仕事に生かす原動力になることを述べています。

想像力と頭の回転
 想像力(空想力)は応用力や創造力につながります。日常生活の中でできる、想像力=創造力を養うための様々なヒントを提示しています。

運動で頭が良くなる脳の仕組み
運動で頭が良くなる脳の仕組みについて、「頭の良さとは知識力+問題解決力+創造力」「運動が前頭前野と運動野を活性化」「猿人がヒトに進化したのは…」などをテーマに解説。
  ページトップ